ホーム> 最新情報> ニュース

わが国は越境EC輸出免税政策を打ち出し 規定された条件は三つだけ

(www.ecf.org.cn)        更新: 2018-11-06

        このごろ、中国財政部(財務省)などの四つの部門が『クロスボーダーEC総合試験区小売輸出貨物税収政策に関する通知』(以下は『通知』と略)を共同発表した。これは輸出越境EC免税収政策は正式に発表されたことになる。越境EC総合試験区から商品を輸出する一定の条件を満たす輸出貨物に対し、増値税と消費税を免除する政策。この中の条件は以下のとおり:

        一、EC輸出企業は総合試験区で登録を行い、また登録地の越境ECオンライン総合サービスプラットフォームで輸出の日付、貨物の内容、計算単位、数量、単価、金額を記入すること。

        二、輸出貨物は総合試験区における税関でEC輸出の申請手続きを済ませること。

        三、財務部と税務総局が、国務院の決定に基づき輸出税金還付(免除)対象から除外されていないこと。

        この通知の要求によると、各総合試験区建設の指導者グループ弁公室とビジネス主管部門は部門の間の協力とコミュニケーションを進め、EC輸出統計監督・統計システムの建設を加速し、これにより越境ECの安定的な発展を促進していくという。

        そのほか、税関総署は定期的にEC輸出商品の申告リストのデジタルデータを税務総局に送信する。各総合試験区の税務機関は税務総局の取得した情報に基づき、輸出貨物に対する免税管理を強化する。具体的な免税制度は省レベルの税務部門の商財政、商務部門によって制定されるもの。

        同通知で特別に強調したところによると、「総合試験区」とは国務院からの承認されたクロスボーダーEC総合試験区である。また「EC輸出企業」は自費で建設した越境EC販売プラットフォームあるいは第三者の越境ECプラットフォームを利用してEC輸出を展開する会社と個人経営の小商工会社を指している。